コヤマタカヒロの「デジタル機器と家電とときどき3人娘」

デジタル&家電ライターコヤマタカヒロの雑記ブログです。家電のこと、そして3人娘のことなどを書いています。

今や主流なのはスティック掃除機ですよね。郊外の巨大な戸建とかじゃなかったらもうキャニスター型はいらないのかなって思います。うちには仕事柄多くの掃除機がありますが、コード型は一台もありません。それぐらいコードレススティック掃除機の性能が向上しています。

この市場はダイソンやエレクトロラックスなど海外勢が切り開いてきたもの。なので海外勢(特にダイソン)が圧倒的に強いんですが、国産大手パナソニックも、満を持してフラグシップモデルを出してきました。それが「POWER CORDLESS 」シリーズです。
IMG_2938

パナソニックはこれまで低価格モデルと、個性派のITシリーズなどを展開してきました。これらも決して悪くはないのですが、量販店でわ他社製品と並ぶとフラグシップという立ち位置ではなく、ちょっと変わったモデルというふうに見えてしまっていました。

IMG_2925

しかし、「POWER CORDLESS 」はまぎれもないフラグシップ。新開発のハイパワーモーターを採用し、しっかりと吸引(Tシリーズと比べて約2倍)。

そして、大容量リチウムイオン電池8本による約65分のバッテリー性能を確保。国内家電で初めて採用されたというセルロースファイバー製の軽量ボディも注目です。

IMG_2945

ラインナップは2モデル。スタンド付き充電台やロングホースを備えた「MC-SBU820J」とシンプル構成の「MC-SBU620J」です。

IMG_2929

これまでパナソニックの掃除機で好評だったクリーンセンサー(ゴミ検知用センサー)やガバ取りノズル、親子ノズルなども引き続き搭載しており便利です。

IMG_2952

軽くて取り回しが良く、吸引力やバッテリー性能にも優れた新しいコードレススティック。今年注目の一台として間違いなさそうです。
IMG_2953

なお、発売は8月30日です。ちょっと先ですね。

1年以上、ブログをサボってしまいました。その理由は病気。昨年のGWにちょっと大きな病気をやりましてそのままになってしまいました。病気とは脳梗塞。脳内にある血管が詰まる病気です。1年前の今日、5月6日の朝、体がおかしくなり緊急入院しました。

それから一年経って、大変だったと感じているのが、病気による後遺症とリハビリです。運よく、高次脳障害などの、致命的な後遺症は回避できたのですが、それでも元どおりには至りませんでした。

僕の病気は左脳のラクナ梗塞だったので、右半身に麻痺が発生しました。発症初期は右手、腕、足は全く動かなくなり、車椅子での生活を余儀なくされました。4ヶ月のリハビリ入院、その後も通院リハビリと保険が適用されていない自費リハビリ院を併用し、現在も週3回のリハビリを継続しています。

そのおかげで今では杖なしで歩けるようになり、ぱっと見ではほとんどわからない状態まで回復しています。あとは右手の回復ですが、これはなかなかハードルが高く、元に戻すというよりも、筋力低下によって発生した多くの痛みを解消することに力を注いでいます。

面白いもので、右手が使えない分、左手はどんどん器用になっています。いまや左手片手でもかなりの速さでタイピングできるようになってきました。

おかげさまで仕事もかなり復帰しています。もちろんできないことがあり、また、速度面でも前と同じスピードでは対応できていませんが、それでも十分すぎるほどにお仕事をさせていただいています。

一年たち、完全復帰とはいかないまでも、子供たちと一緒にお出かけしたり、仲間と一緒に仕事に取り組んだりできるまでには回復できました。何よりもそのことに感謝しつつ、これからも頑張って行けたらと思っています。

そして再びブログも再開したいと思っていますし、ずっと書けていないメディアにも書き始めらたらと思っております。全てが従来通りではありませんが、その分、いろいろなことを見直すことができました。

これから、病気をしたことが結果としてプラスだったね、と言ってもらえるよう頑張っていきたいと思っています。
 

先日発表されたパナソニックの「Wおどり炊き」SR-SPX7シリーズの体験会に参加して来ました。

パナソニックが言うのは「お米は、おどる方がうまい。」というシンプルなこと。羽釜ご飯が踊っているところを紹介。踊ったからといって削れることはないと、はっきり伝えています。
新モデルでは新たに追い炊き時にも加圧する「加圧追い炊き」機能を追加。さらに甘みを引き出している。
さらに銘柄炊き分けコンシェルジュは50銘柄に対応。

「すべてのお米を、おどらせて、もっとおいしく。」をコンセプトに展開するという。
さて、実際に食べてみました。パナソニックは5シリーズまでは柔さが強く、若干水っぽさもあったのですが、6シリーズで改善。しゃっきりさも両立していました。

そして今回の7シリーズ。食べたのは新潟の新之助というお米でしたが、しゃっきりしながらももちもち感もあり、甘みも強く感じられました。付け合わせの塩気の強いシャケとの、相性も抜群でした。
パナソニックは食べ比べ亭など、実食イベントが多いので、是非食べてみるのがオススメです。

最近、パナソニックの前モデルを購入した知人家族も大満足しています。

↑このページのトップヘ